勉強が はかどる学習法

勉強がはかどる人と、勉強がストップする人の差は僅かな差なのですが、時間を重ねる内に理解度や記憶の差となって現れてしまうのです。


勉強がはかどる人

参考書を斜め読みしながら重要箇所をマーキングしたり、大事な箇所を抜き書きして付箋紙を貼ったりする事で、学ぶ内容の全体像を抱えながら、理解を深めていきます。


参考書にマーキングしたり付箋紙に要点をまとめたりして、大事な箇所の理解を深めている。


勉強がストップする人

参考書を熟読し、理解できない箇所で立ち止まり、理解できるまで読み込むため、勉強が進まず、大量の時間を消費していまう。


結果的に学習がはかどらない。


はかどる学習法のポイント

参考書を理解し、覚える時は次のステップで進めると効率的。

初回は参考書を高速で読み飛ばす。

理解しながらマーキングする。

付箋紙などを活用して知識をインプットする。


シンプルを継続する

社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士などの資格試験を、最速で合格するためには、毎日30分程度の短期間を繰り返す事です。


そして、「付箋紙メモ」を見やすい場所に”ちょい貼りし、目にする回数を増やします。


わずかな差ですが、手軽にできるので続けやすい点、参考書の細部理解に膨大な時間をかけなくてよく、限られた時間で記憶効果が上がる点等々、勉強メリットはたくさんあります。


良くノートに知識を整理しますが、付箋紙を活用する方が覚えやすいものです。

ノートでは、覚えた内容も目に入り時間のムダが出てしまいますが、付箋紙なら覚えられない重要な言葉や内容を簡単に並びかえられ、不要になれば破棄でき、必要なものだけが目に入ってくるので、効率よく覚えられます。


勉強がはかどる学習法